【すぐ分かる】ウバはどんな特徴があってどんな飲み方が美味しい?

ウバ

ここではウバについて紹介します。ところでウバという紅茶をご存じでしょうか?ウバと言えば世界三大銘茶の1つですので、紅茶通の方ならご存知かもしれません。

世界三大紅茶の1つということはそれだけすごい紅茶ということだと思いますので美味しくて風味も良さそうですよね。

そんなウバはどんな紅茶なのでしょうか?ということで今回はウバ紅茶について書いていきたいと思います。

ウバとは

ウバは、スリランカ中央山脈東部の標高1,300メートル以上の地域で栽培されている紅茶です。

ウバを最初に手がけたのは、世界の紅茶王と呼ばれたトーマス・リプトンです。日本でも有名な「リプトン」の創業者である彼は、1890年にスリランカを訪れ、翌年にアッサム種の茶樹を植えました。

以来、ウバの生産量は少ないのですが、その豊かな香りと渋味が高く評価され、インドのダージリン、中国のキームンと並んで世界三大銘茶と呼ばれるほど世界中で賞賛を浴びています。

ウバの特徴

ウバの特徴は、茶葉の形はOPタイプやBOPタイプがポピュラーで、クオリティーシーズンのものにはゴールデンチップが含まれます。

香りはスミレやスズランのような甘くさわやかな香りで、「ウバフレーバー」と呼ばれています。風味はタンニンの含有量が多いため、刺激的な渋味があります。

水色は赤みを帯びたオレンジ色で、クオリティーシーズンの茶葉は、カップの縁にゴールデンリングが描かれます。

ウバのシーズンは、6~9月で雨量の少ない時期が収穫時期になります。収穫期間が短いので。生産量が少なく珍重されています。

クォリティーシーズンのピークは7~8月になります。

ウバのおすすめの飲み方

ウバは力強い渋味と豊かな香りは、ストレートで飲むのが最適です。しかし、ミルクを加えると口当たりがよくなり、穏やかな風味を楽しむことができるのでミルクティーもおすすめです。

ウバのおすすめ商品

ウバのおすすめ商品はおためし紅茶! 紅茶 ウバ サンプル紅茶リーフです。

この商品は6g入りで4杯分飲めて176円という安さです。

ウバを飲んでみたいけど高いのは飲みたくないけどちょっと試してみたいという方にピッタリです。

まとめ

ウバ紅茶はウバフレーバーとい呼ばれる花のような香りが特徴で他の茶葉にはない香り高さがある紅茶でした。

その豊かな香りと渋味が高く評価されて世界三大銘茶になったのですね。ストレートでもミルクティーでも飲めるのが魅力的です。

クオリティーシーズンに摘まれるウバはカップの縁にできるゴールデンリングがとても美しく輝くので、クオリティーシーズンのウバを飲むのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました