【必見】紅茶のカフェインを寝る前に摂ったら睡眠に影響を与える?

カフェイン

寝る前に紅茶を飲んだら眠れなくなりますか?

寝る前に紅茶は睡眠にとって良くないですか?

寝る前の紅茶って体に良くないですか?カフェインの影響はどのくらいあるのでしょう?

ティータイムに飲んでリラックスできる紅茶ですが、夜寝る前に紅茶を飲むとよくないと言われてますよね。それは、紅茶のカフェインが影響しているからだと言われています。

では、そのカフェインはなぜ夜寝る前に飲んではいけないのでしょうか?カフェインのどのような働きによるものなのでしょうか?知っているようで知らない紅茶のカフェインと眠りの関係について書いていきたいと思います。

紅茶のカフェインを寝る前に摂取していいのか?

紅茶に含まれるカフェインには覚醒作用があります。なので、寝る前に飲むと寝られなくなると言われています。

ただし、紅茶に含まれるカフェインは、コーヒーのカフェインと性格が異なります。
コーヒーのカフェインはダイレクトに作用しますので、眠れなくなるのは確かですが、紅茶の場合はコーヒーと比べてカフェイン含有量が少ない上に、更にカフェインとタンニンが結合して効果を抑制しますので、覚醒効果は殆どありません。

また、アメリカのフロリダ・アトランティック大学とハーバード大学の医学部の研究者たちの調査によると、就寝4時間前までのカフェインの摂取と睡眠パラメータの間には全く関係が見られなかったという研究結果も出ています。つまりカフェインが睡眠に与える影響はないということです。

むしろ鎮静効果(リラックス効果)の方が高く、心地よい眠りを誘うのに一役買います。

しかし、カフェインに過敏な体質の方は、本当に眠れなくなることがありますので、ご注意下さい。

紅茶は寝る何時間前に飲んだらいいの?

一般的にカフェインを摂取してから血中濃度が最高に達するまでは0.5〜2時間、血中消失半減期は4.5〜7時間です。

ということで、寝る4時間前から紅茶を飲まない方がいいと考えます。

そもそもカフェインとは?

カフェインはアルカロイドで有機化合物、精神刺激薬です(もちろんコーヒー豆や茶葉などの自然な植物にも含まれていることがあります)。

カフェインの効果とは?

カフェインは、大脳を刺激して感覚や思考の働きを高める働きがあります。主な作用は下記になります。

覚醒作用

カフェインには、「ノルアドレナリン」という興奮した状態にさせる神経伝達物質の生成を促す作用があります。この作用によって眠気を覚まし、疲れを感じにくくさせます

利尿作用

カフェインを摂取すると腎臓がナトリウムと水分を体内から排出しようとして、尿が出やすくなる作用があります。

血液循環促進・血流改善作用

カフェインには、血液の循環を良くする作用があり、利尿作用もあるので新陳代謝を活発にしてくれるので血流改善作用もあります。

ストレス解消・疲労回復作用

カフェインには疲労回復・ストレス発散・中枢神経の刺激などを期待できますので、紅茶を飲んだ後には、リラックスしストレスを緩和してくれます。

飲み物に含まれているカフェインの量は?

飲み物に含まれているカフェインの量は下記になります。

・玉露 :120mg/100ml
・コーヒー :60mg/100ml
・栄養ドリンク:50~60mg/100ml
・ココア :30mg/100ml
・紅茶 :30mg/100ml
・抹茶 :30mg/100ml
・緑茶 :20mg/100ml
・ウーロン茶 :20mg/100ml
・コーラ :10mg/100ml

寝る前におすすめの飲み物は?

寝る前におすすめの飲み物は下記になります。

ホットミルク

定番ですね。飲むと心が安らぎますが、牛乳はカロリーが高いので飲みすぎるとマズイかもしれません。

しょうが湯

今の季節におすすめです。しょうがで身体が温まります。すりおろししょうが大さじ1杯分を絞った汁と、はちみつ小さじ1杯を混ぜ合わせたものにカップ1杯分の熱湯を注いで作ります。しかし、はちみつは高価なので、私は黒砂糖で代用しています。黒砂糖でもおいしいです。

ハーブティー

特にカモミールティーは、鎮静作用に優れていて寝る前におすすめです。

どうしても紅茶を飲みたい場合は?

紅茶はカフェインが入ってるのでいちようは寝る前には飲まない方がいいという話でしたが、どうしても紅茶を寝る前に飲みたいという人もいると思います。

そういう場合は、ノンカフェイン紅茶を飲むのがおすすめです。

おすすめのノンカフェイン紅茶

おすすめのノンカフェイン紅茶は、アーマッドティーデカフェアールグレイティーバッグです。

この紅茶は、アールグレイが苦手だった私でも美味しいと思わせてくれた紅茶です。アールグレイ特有のにおいもそんなにきつくなく、味もとてもクセがなくて飲みやすくて美味しかったです。

ノンカフェインと言われないと正直分からないです。ノンカフェインとカフェイン入りの違いが私には全然分かりませんでした。

ノンカフェイン紅茶を飲んだことがなくて、アールグレイが好きなら是非とも飲んで欲しいです。

世界美食探究 AHMAD TEA デカフェ アールグレイ(ティーパック) 40g(2g×20袋)【ノンカフェイン カフェインフリー】
created by Rinker

まとめ

紅茶に含まれるカフェインは覚醒作用があるので、寝る前に飲むのはあまりおすすめできません。

しかし、紅茶はコーヒーよりもカフェイン量が少なく、紅茶に含まれているテアニンはカフェインの吸収を抑える働きがあるので、コーヒーほど眠れなくなることはないと思います。

また、最近の研究ではカフェインを飲んでも睡眠に影響を与えることはないという発表もされています。しかし、個人差がありますのでカフェインで眠れなくなる人もいます。なので、寝る4時間前には紅茶は飲まない方がいいでしょう。紅茶にはリラックス効果もありますので、夕方までは紅茶を楽しむのがいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました