紅茶を妊婦は飲んでいい?1日のカフェイン摂取上限はどのくらい?

カフェイン

妊婦さんにカフェインが悪いということを聞くのですが摂りすぎると胎児にどのような影響があるのですか?具体的に教えてください。

妊娠するとカフェインは摂らない方がいいと言われていますよね。と言っても今まで紅茶を毎日飲んできたし急に全く飲まなくするなんてなかなか難しいですよね。

確かに妊婦さんはカフェインの摂り過ぎはよくありませんが、少し摂るくらいなら大丈夫とされています。でもカフェインを摂りすぎるとなぜダメなのか気になりますよね。

今回は、妊婦さんの紅茶とカフェインの関係について書いていきたいと思います。

妊娠中のカフェインがよくない理由

カフェインは妊娠の継続に悪影響だというのは、コーヒーや紅茶などのカフェインを含むものを全く摂取しない人と、大量に摂取している人との比較によって出されたものです。


2003年はじめにデンマークの大学での研究結果がイギリスの医療雑誌に発表されたのを期に新聞などで報道されて認知されるようになりました。


カフェインを摂取すると、胎盤を通じてママと同じカフェイン濃度でお腹の赤ちゃんに与えられます。身体も小さい赤ちゃんには大変な量のカフェインであり、またまだ内蔵が充分にできていない赤ちゃんにはカフェインを体内で分解して排出できません

カフェインは大量摂取すると、不眠や興奮、おちつきがないなどの副作用があります。また、胎盤の血流を減少させるとも言われています。

妊娠中の1日のカフェイン摂取の上限はどのくらい?

世界保健機関(WHO)によると、妊婦さんが1日に摂取していいカフェイン量の上限を200~300mg

コーヒーだと3~4杯にすべきだとしています。

紅茶は1日何杯飲んでもいい?

紅茶のカフェイン量はコーヒーの約半分の30mgですので、1日のカフェイン量が200~300mgの場合

6~7杯まで飲んでいいということになります。

でも、さすがにこれは多いと思いますので2~3杯くらいがいいのではないかと思います。

妊婦さんが紅茶を飲むときに気を付けること

カフェインは鉄分の吸収をさまたげてしまうので、ただでさえ貧血になりやすい妊娠中・授乳中は飲み方に少し気をつけた方がいいです。


食事で鉄分をしっかり摂ることと同時に、食事の前後1時間(貧血気味の場合は2時間)を避けて飲むのが理想です。

妊婦さんが気を付けるべき食べ物、飲み物

意外なものにもカフェインは含まれていますので、気を付けましょう。(すべて100mlあたり)

コーヒー 約60mg

コーラ 約10~13mg

玉露 約160mg

煎茶 約20mg

紅茶 約30mg

ウーロン茶 約20mg

ココア 約5.3mg

栄養ドリンク 1瓶約50mg

ミルクチョコレート 100g 20mg

ブラックチョコレート 100g 60mg

チョコレートに入っているのが意外ですよね。女性はチョコレートが好きな人が多いと思いますので気をつけたいですね。

紅茶の代わりになる飲み物

紅茶を飲んでもいいと言っても飲むのが不安という人もいらっしゃるかもしれないので変わりのものを紹介します。

ルイボスティー

紅茶というよりはお茶という感じですが、くせがなくとても飲みやすいです。お茶感覚でぐびぐび飲めると思います。

私も飲んでいてここのルイボスティーが安くて美味しいです。

★オーガニック原料使用 ★ ルイボスティー (2g×100p) 特別限定パック ≪ルイボス茶 100%≫ スーパーハイグレード 森のこかげ 健やかハウス
created by Rinker

アーマッドティーデカフェアールグレイ

これはアールグレイの紅茶ですが、デカフェなので妊婦さんでも安心して飲めます。

今までアールグレイは美味しくないと思っていましたが、デカフェ紅茶を飲んでみたくてスーパーにあったのがたまたまこれだったので飲んでみたら臭くなくて、いいにおいがしてとても美味しかったのでアールグレイが苦手と思っている方もチャレンジしてみてほしい紅茶です。

アーマッドティー デカフェアールグレイ 20包 40g×1箱
created by Rinker

まとめ

妊婦さんのカフェインは摂り過ぎには注意ですが、1日1~2杯飲むのには問題ありません。カフェインを我慢してストレスになるくらいなら飲んだほうがいいです。ストレスの方が胎児によくないですからね。

ただし、カフェインを過剰摂取すると胎児に大きな影響を与えることもあり得ますので過剰摂取だけはしないように気を付けてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました