【知ってるようで知らない】紅茶のグレードって何を表してるのか?

グレード

紅茶にもグレードがあるのをご存知ですか?お酒とかみたいに紅茶にもグレードがあります。しかし、紅茶に付けられているグレードは他の商品とは違っておいしさのランクではないんです。なので、紅茶のグレードを知っている方が紅茶好きなら紅茶を選ぶ時に役に立ちます。紅茶をいっそう楽しむためにも紅茶のグレードについて知っておきましょう。

ということで、今回は紅茶のグレードについて書いていきます。

紅茶のグレードって何?

紅茶の茶葉は、できたばかりのときは大きさや形がバラバラなので、そのままでは茶葉によって抽出時間が異なってしまい、ひとつのティーポットに成分が溶け出していない茶葉が混在してしまい、味にバラつきが出てしまいます。

また、大きさや形が揃っていないと、容器の中で大きい茶葉と小さい茶葉が2層に分かれてしまいます。これでは商品として都合が悪いという理由もあります。

そこでできあがった茶葉をふるいにかけて、大きさや形を揃えます。そしてその大きさと形ごとに茶葉を分解し、グレード(等級)を付けるのです。こうすることで、同じ抽出時間で完全に茶葉が開くおいしい紅茶ができます。

こうして分類されたグレードは、OPやBOPなどの略語で紅茶のパッケージに記載されています。ただし、紅茶の等級は風味をランク付けしているわけでも、国際的な規定があるわけでもありません。あくまで大きさと形による分類です。

紅茶のグレードはどうやって付けるのか?

紅茶のグレードは、製法による葉の状態と葉の部位に由来する名称とを組み合わせて分類します。製法による葉の状態とは、葉をカットせずそのままの状態の「リーフ」、葉を切断した「ブロークン(B)」、ブロークンをふるいにかけた「ファニングス(F)」の3タイプです。

葉の部位に由来する名称とは、茶樹の枝の先端にある芯芽の呼び名の「フラワリー・オレンジ・ペコー(FOP)」。次に、芯芽のすぐ下にある1枚目の若葉の「オレンジ・ペコー(OP)」。

続いて、2枚目の若葉の「ペコー(P)」、3枚目の「ペコー・スーチョン(PS)」、4枚目の「スーチョン(S)」となります。つまり、「BOP」という等級は、葉を切断したブロークンタイプ(B)の、オレンジ・ペコー(OP)であることを表しています。

リーフタイプの等級

オレンジ・ペコー

やわらかな若葉と芯芽から構成されています。細長い針金状で強くねじられています。長さは一般的に7~15cm程度。オレンジとは芯芽の色であり、オレンジの香りはしません。

フラワリー・オレンジ・ペコー

オレンジ・ペコーのなかでも芯芽が特に多く含まれています。芯芽の割合が多ければおおいほど上級とされ、花のような香りが特徴です。茶葉の長さは約10~15cmです。

ブロークン・オレンジ・ペコ

OPの茶葉を切断してふるいにかけたものです。風味はOPと変わりません。茶葉の長さは2~4cm程度のため、OPより抽出時間が短く、色や香りも強く出てしまいます。

ブロークン・オレンジ・ペコー・ファニング

BOPをさらにふるいにかけたものです。長さは1~2mmで抽出時間は短く、香りも色も濃く出ます。ミルクティー向きで、ティーバッグ用にもよく利用されています。

ダスト

ふるい分けしたときの、もっとも小さな茶葉です。長さ1mm以下の粉状で、抽出時間ももっと早くなります。水色はこく、ティーバッグ用に利用される場合がほとんどです。

まとめ

紅茶のグレードは美味しさでも風味でもなく、あくまで形による分類でした。しかも国際的な規定はないので、バイヤーやディーラーが勝手に作ったのであまり意味がないです。

まあ、葉の大きさが揃っているのがいいという人はグレードがいいのを買えばいいと思いますがあまり味には関係ないのでそんなにグレードは気にしなくていいと思います。

どうせなら味や風味でグレードを決めて美国際的な規定を作ったらいいのになと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました