【なぜ?】ティーカップとコーヒーカップに違いがある理由は何?

ティーカップとコーヒーカップ

ティーカップとコーヒーカップってよく見ると違いますよね?!でもどっちがどういう特徴があるか説明できますか?コーヒーカップとティーカップは一緒じゃダメなのでしょうか?でもなぜ違いがあって使い分けているか理由があるはずですよね。

ということで、今回はティーカップとコーヒーカップの違いについて書いていきたいと思います。

ティーカップとコーヒーカップの違いとは?その理由は?

ティーカップとコーヒーカップの違いそれはその形状です。ティーカップはコーヒーカップに比べて浅く、上の方が広がっています。 コーヒーカップは上部を大きく広げておらず、上から下まで寸胴になったカップもあります。

詳しく見ると厚みも違います。コーヒーカップは、冷めないように口が狭く厚手になっています。ティーカップは、紅茶の色や香りを楽しむために広口で、薄手になっています。それらの中間にコーヒー紅茶兼用のカップがあります。

ティーカップの選び方

口が広くて浅いカップ

これは先ほども書きましたが、紅茶の香りを楽しむためと紅茶ならではの水色をじゅうぶん見せるためです。

把っ手にはいろいろな形があるので、購入するときに実際に持ってみて、指の入りやすさや持ちやすさを確認するのがいいと思います。

薄くて保温性のある素材

紅茶を飲むときにおいしい温度は70度前後といわれています。ティーカップはなるべく冷めないように保温性が大切で、素材としては陶器や磁器が向いています。また、紅茶の複雑で繊細な風味を味わうためにも薄手の陶器製のほうがティーカップに適してます。特に18世紀頃のイギリスで紅茶のために開発されたボーンチャイナという陶器が紅茶に適しています。

水色がよく見える白色のカップ

ティーカップの外側にはさまざまな色や模様がついていますが、紅茶の水色の色合いを楽しむために内側は色がついてない白いものを選ぶのがいいです。

ティーカップの歴史

ティーカップの始まりは、お茶とともに東洋から輸入された茶器にあります。当時の茶器は小ぶりで把手も受け皿もありませんでした。やがてヨーロッパでは茶器に受け皿が付くようになり、熱いお茶をカップから受け皿に移して飲むようになります。

紅茶が普及するにつれカップのサイズは大きくなり、17世紀末には現在のように把っ手が付いたものも登場します。これは熱いカップを持ちやすくするためではないかと考えられています。その後、陶製のビアマグを参考にした両側に把っ手のあるカップが登場し、18世紀末頃に現在のようなカップが主流になりました。

ちなみにティーソーサーが登場した当初は、熱い紅茶を冷ますために移し換える器として使われていたようで、当時のソーサーは小鉢のように深めに作られたものが多かったようです。また、当時は紅茶をソーサーに移し、音をたててすするのがマナーでした。貴族たちがそんな姿で紅茶を飲んでいたなんて信じられませんよね。

まとめ

ティーカップとコーヒーカップには明確な違いがあり、その違いにはちゃんとした理由があったのですね。

これを知るとコーヒーを入れる時はコーヒーカップ、紅茶を入れる時はティーカップと使い分けないといけないんだなと思いますね。

紅茶の香りを水色を楽しむためにもティーカップで紅茶を飲むことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました