紅茶のティーポットは美味しい紅茶を淹れるためにはどれを選べばいい?

ティーポット

紅茶が美味しく飲めるティーポットを教えてください

日々の生活の中で紅茶を飲むとリラックスして癒やされますよね。紅茶はティーパックで飲んでも美味しいですが、茶葉から淹れる方がもっと美味しくなり本格的な紅茶が楽しめます。

このときに必要となるのが、ティーポットですよね。ティーポットは紅茶をおいしくいれるために必要不可欠な道具です。ティーバッグもポットで淹れれば風味が上がります。

ということで今回は、自宅で美味しい紅茶を淹れるためのティーポットの選び方について書いていきたいと思います。

ティーポットの選び方

まずは美味しい紅茶を淹れるためのティーポットの選び方をご紹介します。ティーポットの形やおすすめの素材、色について説明していきます。

丸いティーポットが基本

ティーポットは球形のほうが適しています。お湯を注いだとき茶葉がジャンピング(対流運動)しやすく、おいしく淹れることができるからです。また、ふたにストッパーや空気穴があるか、把っ手が持ちやすいか、注ぎ口は液だれしにくい形か、などもチェックしましょう。大きさは用途によって選ぶのがいいです。

保湿性のよい素材が大切

保湿性がよく手入れも簡単な、陶磁器が一番です。ティーカップと同様にボーンチャイナが優れていますが、厚手の陶製ポットも保湿性がよく使いやすいでしょう。ガラス製は保温性に欠けますが、ジャンピングや水色がわかりやすいという利点があります。

また、茶こしが鉄製だと紅茶の水色や風味を損なうので避けましょう。同様の理由で、鉄製の急須を使うのもNGです。ほうろうのティーポットもありますが、ほうろうがはげると鉄が露出するので、気をつけましょう。

水色を確認できる白色を選ぶ

水色を確認できるように内側の色が白いものがおすすめです。外側の色柄は、ティーセットのようにカップとお揃いでももちろん素敵ですが、必ずしもセットである必要はありません。手持ちのカップと調和のとれる色柄や雰囲気であればいいと思います。

紅茶の本場であるイギリスでは伝統的に、濃い茶色の陶製ポットを使っている家庭が多いそうです。どんなカップにも合い、茶渋が目立たないというメリットもあります。

ティーポットの歴史

ティーポットの原型は、茶葉とともに中国から運ばれていきた素焼きや陶製のポットでした。上海近くの宜興でつくられたもので、今の急須に似た大きさ、形をしていました。

紅茶の広まりととともにこれを真似たものがヨーロッパでも生産されるようになり、形や大きさが変化して現在のようなポットになります。

銀製のポットが登場すると、上流階級を中心に好まれ、18世紀前半にはイギリスのアン女王が洋ナシ型の銀製のティーポットをつくらせたと伝えられています。その後、把っ手や注ぎ口のデザインもさまざまに伝えられていきました。

紅茶を美味しく淹れるためのティーポットの使い方

紅茶を美味しく淹れるためのティーポットの使い方は下記になります。

使う前にポットにお湯を入れて温めておく

美味しい紅茶を淹れるには高い温度の中で抽出することが大事です。沸騰したお湯を使うことはもちろん大切ですが、お湯を入れるティーポットの温度が冷たい状態になっていると、お湯をポットに入れたときに温度が下がってしまいます。このことを防ぐため、お湯を沸騰させているあいだに、ティーポットにお湯を入れて温めておきましょう。

お湯はポットいっぱいに入れる

おいしい紅茶を作るには、何度も繰り返しになりますが、ティーポットの中で紅茶が上下に動く「ジャンピング」という現象が重要です。丸型のティーポットをせっかく買っても、ポットの半分くらいしかお湯を入れないと、このジャンピングが起こりにくくなってしまいます。なのでお湯を注ぐときには、ティーポットいっぱいに入れるようにしましょう。

このときに茶葉が少ないと薄味になってしまいますので、購入したティーポットにお湯をいっぱいに入れると考えて、紅茶葉の量を計算すると良いでしょう。このため、ティーポットを購入するときには、その容量にも気をつけて買うようにしましょう。

最後の一滴まで注ぎきる

そのほか、気をつけたいことはティーポットに入れて抽出した紅茶は、「最後の一滴まで注ぎきる」こと。ティーポットに入っている最後の一滴は「ゴールデンドロップ」といわれ、紅茶のおいしい香りと味がぎゅっと凝縮されています。このおいしさを逃さないために、最後の一滴まで注ぎきるようにしましょう。

紅茶を作るポットと作った紅茶を注ぐポット用に2つポットを用意する

リーフティーを作る場合、ティーポットは2つ用意すると便利です。ひとつは、紅茶を作るポット。もうひとつは、テーブル上で紅茶をカップに注ぐポット。そうすると、茶葉が入ったままのポットの中で紅茶の味わいがどんどん濃くなっていくのを防ぐことができますし、おかわりを作る手間も省けます。

ティーポットを2つ用意するのは大変だと思いますが、2つあると便利なので、是非検討してみてください。

基本の紅茶の淹れ方

ここでは、基本の紅茶の淹れ方を紹介していきたいと思います。

用意する物

・茶葉 約2.5~3g×人数分

・お湯 150ml×人数分

・ティースプーン

・ティーポット

・ティーコジー

・ティーストレーナー

・ティーカップ

淹れ方

1.ティーポットとティーカップに沸騰したお湯(分量外)を入れ、あらかじめ温めておきます。

2.ティーポットのお湯を捨て、ティースプーンを使って人数分の茶葉を入れます。

3.沸騰したお湯を高い位置から注ぎ、こぼれないように軽くゆすってふたをします。

4.ティーポットにティーコジーをかぶせて蒸らし時間を計ります。

5.ティーカップのお湯を捨て、ティーストレーナーを使って紅茶を注ぎます。

まとめ

おすすめのティーポットを使い、基本の紅茶の淹れ方で紅茶を淹れると家でも美味しい紅茶を飲めると思います。

家での美味しい紅茶タイムに少しでも参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました