【すぐ分かる】ルフナ紅茶の特徴は?歴史や美味しい飲み方は?

ルフナ

ここでは、ルフナ紅茶について紹介していきます。

ところでルフナという紅茶をご存じでしょうか?あまり聞き覚えのない名前だと思います。しかし、デルフナはセイロンティーの栽培の半数量を占めるほどの紅茶なんです。

そんなルフナ紅茶とはどんな特徴があり、美味しい飲み方は何なのか紹介していきたいと思います。

ルフナ紅茶とは?

ルフナ紅茶とは、スリランカのサバラグムワ地方で採れる紅茶です。ルフナ紅茶が生産されるサバラグムワ地方は、ウバ、ヌワラエリア、ディンブラ、キャンデイのスリランカ五大紅茶産地のなかで、もっとも南部のローグロウン地域に位置します。

また、サバラグムワ地方は、熱帯雨林が点在する高温多湿な地域で、茶葉がほかの地方よりも1.5~2倍くらい大きく育ちます。

ルフナ紅茶の特徴

ルフナ紅茶は、濃い赤茶色の水色に、中国のラプサンスーチョンのようなスモーキーフレーバー、コク深くマイルドな味わいです。

これは、先ほど書きましたが、ルフナがウバ、ヌワラエリア、ディンブラ、キャンディのスリランカの五大紅茶産地のなかで、もっとも南部のローグロウン地域に位置するからです。

そして、ルフナが生産されるサバラグムワ地方は、熱帯雨林が点在する高温多湿な地域で、茶葉がほかの地方よりも1.5~2倍くらい大きく育ちます。

なので、独特な紅茶の風味を生み出すのです。

ルフナの歴史

17世紀の中ごろまで、セイロン島は3人の王様に統括されていました。マーや、ピヒティ、ルフナという3つの国に分かれていたのです。ルフナは島の南部に位置し、山脈が途切れた平野部に位置しています。


 当時、この地はゴールという街から統治をはじめたポルトガル人とオランダ人が支配しており、彼らによるコーヒー園が点在していました。この緑地を茶園にしたものが、現在ルフナ茶園として残っています。現在、ルフナという地名は残っていません。サバラグムワ地方と呼ばれていますが、その名前は紅茶名として現在も語り継がれています。

ルフナ紅茶の美味しい飲み方

ルフナ紅茶は、個性的な味わいを楽しむならストレートティーでもいいですが、ルフナはミルクとも相性がいいので、ミルクティーで飲まれることが多いです。

特に、サウジアラビアで人気があり、山羊のミルクを使ったミルクティーやチャイにして楽しむのがおすすめです。

ルフナ紅茶のおすすめ商品

ルフナ紅茶のおすすめ商品は、おためし紅茶! 紅茶 ルフナ サンプル紅茶リーフです。

この紅茶は、6g入っていて約4杯飲めて154円という安さです。

ルフナ紅茶を飲んでみたいけど高いのを買うのは勇気がいるという方にぴったりです。

まとめ

ルフナ紅茶はあまり知られていませんが、ルフナ紅茶はセイロンティーの生産量の半数近くを占め、中国のラプサンスーチョンのようなスモーキーフレーバーで、コク深くマイルドな味わいのルフナは、セイロンティーの中でも個性的な存在でした。

ルフナは、クセのありそうな紅茶に思えますが、クセがなくとても飲みやすいので是非飲んだことがない方は飲んでみて欲しい紅茶です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました