【初心者必見!】紅茶を淹れる時の温度は何度が最適?

温度

紅茶のお湯の温度は何度が最適ですかね?

紅茶を淹れる時の温度言われてみると何度かと聞かれるとすぐには答えられませんよね。でも、紅茶のお湯の温度って重要そうですよね。なぜなら、お湯の温度1つで紅茶の味や風味が大きく左右されそうですもんね。

もし、紅茶のお湯の温度を間違えて紅茶を淹れてしまったら美味しくない紅茶が出来上がってしまって残念なことになりますので、やはり紅茶のお湯の温度は知っておくべきだと思います。

ということで、今回は紅茶のお湯の最適温度と紅茶の美味しい淹れ方について書いていきたいと思います。

紅茶のお湯の温度は何度が最適?

紅茶のお湯の温度は何度が最適かというと98~100℃です。

なぜなら、茶葉がジャンピングする温度が98~100℃だからです。一般的に、美味しい紅茶を淹れるには、茶葉をジャンピングさせることが必要だと言われます。

そして、紅茶はとにかく、高温で淹れることが重要です。この高温こそが、体にいい成分をしっかりと抽出させ、おいしさを引き出してくれるからです。

なので98~100℃が紅茶お湯の最適温度ということになります。

しかし、毎回紅茶を淹れる時に温度を測るなんて面倒ですよね。

紅茶のお湯を温度計を使わず見た目で判断する方法

毎回紅茶を淹れる時温度を測るようなことはしないと思いますので、見た目で判断できるようにする方法をお伝えします。やかんでお湯を沸かす場合は、フタを開けたときにコインくらいの大きな泡が立っていて、表面が豪快に波打っているような状態のお湯を使いましょう。

笛吹きケトルの場合は、「ピー」という音が鳴ったら、少しそのままにしておいてください。鳴りはじめてから30秒~1分程度、沸かしっぱなしにしたほうが、お湯の状態が安定します。

温度が表示される湯沸かしポットは、「100℃」と表示されるまでしっかり沸騰させましょう。このとき、一度沸かしたあとに時間をおいて使用する場合は、そのまま最沸騰させるのではなく、コップ1杯分の水を汲んで加えると、中のお湯が新鮮さを取り戻します。

紅茶の基本の淹れ方

1.ティーポットは2つ用意し、お湯を入れてあらかじめ温めておきます。1つは紅茶を作るためのポット、もう1つは、作った紅茶を注ぐポットとして使います。温めておいたお湯は淹れる前に茶葉を捨てるのを忘れないようにしましょう。

2.茶葉を計ります。大きめの茶葉(オレンジ・ペコー)はティースプーン大盛り1杯、細かい茶葉(ブロークン・オレンジ・ペコー)はティースプーン中盛り1杯、分量としては約3gがカップ1杯分の目安となります。2杯分作る場合は、ティースプーン2杯=6gとなります。

3.ポットに茶葉を入れ、熱湯を注ぎます。このとき、熱湯を茶葉にあてるように勢いよく注ぐことがポイントです。ポットの下には、マットや乾いたふきんを敷いておくのがいいでしょう。

4.ポットの蓋をして約3分蒸らします

5.蒸らし終わったらなったらフタを取り、全体を均一にするためにスプーンで軽くひとかきします。

6.茶こしを使って、もうひとつのティーポットに注ぎます。最後の1滴までしっかりと注ぎます

7.ティーカップに注いで、出来上がりです。

*多めに作った場合には、ティーコジー(ポット用保温カバー)をかぶせておくと、30分ほどは暖かいままでおかわりを味わうことができます。

おいしい紅茶のための3要素

空気をたっぷり含んだ汲み立ての水道水

まず、ひとつめはです。水といっても、これは水道水でOKです。可能であれば、浄水器を使用するとなおよいですが、わざわざ湧き水を汲みにいったり、ペットボトルの水を購入したりすることは必要ありません。ちなみに、飲み水としておいしいとされる湧き水で紅茶を何度か淹れたことがありますが、渋味は抑えられていて飲みやすいのですが、全体的に穏やかすぎました。

水の話題となると必ずといって出てくるのが、「硬水と軟水はどちらが紅茶にふさわしいか」ということだと思います。硬水と軟水についてはおそらく聞いたことはあるかと思いますが、これは水1リットルに含まれるカルシウム塩とマグネシウ塩との総量によって区別されます。量が多いものが硬水、少ないものが軟水で、日本の水はほぼ軟水です。イギリスで飲んだ紅茶が美味しかったので、買って帰って日本で飲んだら美味しくなかったという話もよく聞きますが、硬水だから紅茶が美味しくて軟水だから日本の水は紅茶に合わないというのは事実とはいいがたいです。これは、紅茶の種類やブレンド内容によって異なるからです。

経験上では、硬水はコクのある紅茶に合い、雑味を消してくれる利点があると思います。一方、紅茶の持つ繊細な香りと味わいをより引き出してくれるのが軟水ではないかと思います。

また、ミネラルウォーターを利用した方がいいのではと思う人もいらっしゃると思いますが、商品によって中の成分が異なり、硬度の高いものは紅茶をいれたときの色が黒っぽく変化してしまう場合もあります。どうしてもミネラルウォーターを使いたい場合は、国産の軟水ミネラルウォーター(硬度が50度のもの)を選ぶと安心です。

茶葉と熱湯の割合

こちらでは、1杯分の紅茶を淹れるための基本分量を次のように紹介しています。

リーフティーの場合ーカップ1杯分=茶葉3g+熱湯200cc

ティーバッグの場合ーカップ一杯分=ティーバッグ1袋+熱湯200cc

紅茶製品のパッケージには、淹れ方の手順がちゃんと紹介されていますが、そこに書かれているものの多くは、熱湯の分量が150~170ccとなっています。淹れ方にはそれぞれの味のこのみなどがあると思いますので、その表記が違うからと問題ではありません。

でも、その量で淹れると味が濃くて強く感じ、飲みづらいと思っていました。そして、あるとき思い切って200ccで淹れてみるととても飲みやすい紅茶に仕上がったのです。その後、何度もやってもみても飲みやすい味だったのでこの量がいいと思いました。

ただし、味には好みがあります。濃い渋い紅茶が好きな人もいると思います。これはあくまで基本ですので、好みに応じて茶葉や蒸らし時間の量を調整してみてください。

お湯の温度と状態

そして、最後のこのお湯の温度と状態がおいしい紅茶のための3要素で最も大事なものだと思います。お湯の状態をしっかりと見極められたら、紅茶も喜んで美味しさを発揮してくれます。紅茶は熱湯が大好きです。ブクブクと泡を立てて、お湯の表面が波打っているような激しい沸き具合の熱湯が最高です。紅茶はとにかく、高温で淹れることが重要です。この高温こそが、体にいい成分をしっかりと抽出させ、おいしさを引き出してくれるからです。ということで先ほどの温度となるわけです。緑茶を淹れる場合は、湯冷ましをして温度を少し落ち着かせますよね。これは旨味成分であるアミノ酸の味わいを引き出すためです。煎茶の場合は70~80℃くらい。玉露の場合はもっと低い温度にします。ほかの成分よりもアミノ酸の味わいをより突出させるために、温度調節をしています。アミノ酸は、カテキンやカフェインと比較すると、低い温度でも抽出されやすい成分なのです。紅茶の場合は、これらすべての成分の抽出をマックスまで引き出すようにします。

ティーグッズについて

ティーポット

紅茶を作るポットは、蒸らしている間の茶葉の動きが見えるように、丸型のガラス製サーバーを選ぶのがいいでしょう。テーブル上で紅茶を注ぐためのポットは、ファッション性を重視し、好きなデザインのものを選ぶと、気分が上がりますよね。

機能性として重視したいのは、液だれしないように注ぎ口の先がとがっていること、大きめのポットの場合は持ちやすいようなハンドルであること、注ぐために傾けたときにフタが落ちないようストッパーがついていることです。材質は、陶磁器、ステンレス、銀、ガラスなど好きなものを選んでOKですが、ポットはティーセットの中でも1番高いものですので、慎重に選びましょう。

ティーカップ

ひとくちにティーカップといっても、さまざまな色、デザインがありますのでどれを選んでいいか迷いますよね。決まりはありませんが、中が白く、飲み口が薄手のタイプのものは1つ持っておいて損はないと思います。紅茶の色を美しく楽しむことができ、繊細な味わいをスムーズに口にすることができるからです。

形状は、飲み口が広がっているタイプのものは紅茶専用として、できるだけストレートティーで楽しむと、美しい紅茶の色を見ることができます。飲み口がそれほど広がっていない少し高さのあるカップは、紅茶の色が濃く見えるので、ミルクティーにもピッタリです。この形のカップなら、コーヒーにも使えるのでコーヒーも飲む人はおすすめです。

マグカップでももちろんOKです。イギリス人の日常ティータイムはマグカップがとても多いです。朝食やオフィスでのティータイム、家庭でもひとりで休憩という場合は、マグカップが重宝します。

茶葉の保存方法

紅茶はにおいが強いものに近いところ、温度変化が激しいところに保存するのはNGです。

また、冷蔵庫・冷凍庫に入れてはいけません。なぜなら、紅茶はにおいを吸収しやすいため、きちんと封がされて以内状態で冷蔵庫に入れておくと、他の食品のにおいを吸う可能性がありますし、温度変化という点でも出たり入ったりしていると紅茶も疲れてしまいます。

また、冷凍庫はなぜだめなのかというと紅茶は製造工程の最終段階で乾燥させます。そのため、湿気や水分は大敵です。冷凍庫に入れて結露してしまうと、冷凍庫から出した途端に腐敗の原因となってしまいます。

ということで紅茶は常温保存でOKです。ティーバッグは全て缶に入れて、缶入りリーフティーは缶のまま保存したらいいでしょう。量り売りなどのようにアルミ袋で購入したリーフティーは、輪ゴムやクリップでしっかり封をしたら、アルミ袋のまま大きめの缶にまとめて入れておきます。アルミ袋+密閉容器がもっとも安心です。缶がない場合はプラスチック製の密閉容器で大丈夫です。

まとめ

紅茶を淹れるのに最適な温度は98~100℃でしたね。でも毎回温度を測りながら紅茶を淹れるのは大変なので、やかんでお湯を沸かす場合は、フタを開けたときにコインくらいの大きな泡が立っていて、表面が豪快に波打っているような状態のお湯を使い、笛吹きケトルの場合は、「ピー」という音が鳴ったら、少しそのままにしておいたお湯を使い、温度が表示される湯沸かしポットは、「100℃」と表示されたお湯を使いましょう。

また、水は軟水でOKで、水道水や浄水器の水でOKです。紅茶の味も人それぞれ好みがありますので、絶対に基本の淹れ方を守らないといけないというわけではなく、自分に合った美味しい淹れ方を見つけてティータイムを楽しんでいただきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました