【必見!】生姜紅茶はチューブで作ると効果がないって本当?

生姜紅茶

生姜紅茶って昔はやりましたよね。体にいい効果があった気がします。生姜紅茶と言えば主役は生姜ですが、その生姜って確かすりおろさないといけませんでしたよね?

でも、毎日飲む時にすり下ろすのって面倒ですよね。なので、チューブなら下ろす必要がないのでチューブを使いたいですよね。でも、生の生姜じゃないと効果がなかったら意味がないですよね。

ということで今回は生姜紅茶はチューブで作っても効果があるかについて書いていきたいと思います。

生姜紅茶は生姜チューブで作っても効果があるのか?

生姜紅茶は生姜チューブで作ってもいいと書いてある本もありますが、生姜チューブは調味されていたり保存料が入っているので生姜自体が薄まっているので、効果も薄くなる可能性があるのであまりおすすめできません。

生姜をすり下ろすのが面倒ならいっぺんにすり下ろして冷凍しとけばいいですし、スライスしたものを入れるのでもOKだと思います。

生姜紅茶の効果

生姜紅茶の生姜は、生姜の辛味成分でもある「ショウガオール」は、血行を促進させ、体を温めることで基礎代謝を上昇させる効があります。なので、冷え性改善、ダイエット効果が期待できます。

紅茶もまた体を温める効果があることから、生姜と紅茶の組み合わせで相乗効果があります。

生姜紅茶の効果的な飲み方

朝ご飯を生姜紅茶に置き換えたら痩せるという話もありますが、空きっ腹にカフェインは胃によくありませんので、3食後に飲むのがいいと思います。

また、有酸素運動前に飲むと脂肪が燃焼されやすくなります。

生姜紅茶の作り方

1.しょうが1片の皮をむき、すりおろす。
チューブ入りのおろししょうがなら2cmぐらい。


2.熱い紅茶に、おろし生姜を小さじ1~2杯を入れる。
お好みでハチミツとか黒糖を溶かしてもいいですね。

まとめ

生姜紅茶の生姜はチューブでも効果は得られるのですが、チューブは調味されていたり保存料が入っているので体によくなく生姜の配合量が少ないので生の方がおすすめです。

するのが面倒ならたくさんすって冷凍するのもいいですし、スライスしたものを入れても大丈夫です。生姜は体を温める効果がありますので冷え性の方は紅茶以外にも味噌汁に入れても体が温まるのでいいと思います。

紅茶好きで毎日飲んでいるなら生姜を入れて飲むだけなのでやってみる価値はあると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました