紅茶に入れるなら上白糖、グラニュー糖、砂糖のどれがいい?

砂糖

グラニュー糖や上白糖、三温糖など砂糖は種類がいくつかありますが、紅茶に合うものはどれなのでしょうか。

紅茶に砂糖を入れると甘くて美味しいですよね。甘いのが好きな人は必ず入れると思います。また、疲れている時に甘い紅茶を飲むと疲れが和らぐ感じがしますよね。

そんな砂糖ですが、いろんな種類がありますが、どの種類が紅茶と合うのでしょうか?また、砂糖以外ならどれを入れるといいのでしょうか?

ということで今回は、紅茶に合う砂糖はどれかについて書いていきたいと思います。

紅茶に合う砂糖はどれか?

紅茶に合う砂糖はどれがいいかということですが、結論からいうとグラニュー糖です。グラニュー糖が一番雑味が少ないので、紅茶の味を壊さないからです。

上白糖は品質的にグラニュー糖に果糖ブドウ糖を混ぜたものになるので甘みが強く出ます。
三温糖はサトウキビ由来の不純物や糖の焦げたカラメル成分などがより多く含まれているので思いの外、味に影響を及ぼします。

グラニュー糖以外のものがいいとなると上白糖がいいでしょう。

砂糖、三温糖、グラニュー糖の違いは?

これらの砂糖は、原材料も同じで成分的にはほぼ同じ(ショ糖)なんですが、製法の違いによって微量成分が違うから、甘味や香りも違うし、お菓子作り(特に焼き菓子作り)に使うと、仕上がりが変わります。

三温糖と上白糖は、とても細かい砂糖の結晶の上に「転化糖」がまぶされ、グラニュー糖はやや大きめの結晶をそのまま仕上げています。 上白糖とグラニュー糖は精製度が高いため不純物が少なく、三温糖はやや精製度が低いので不純物が少し多くなっています。

三温糖と上白糖

三温糖と上白糖は、まぶされた 「転化糖」 に含まれる 果糖とブドウ糖の影響で、ネットリした甘味を持ち、焼き菓子に使うと 大変焦げやすいです。 果糖は湿気をとても吸いやすいため、三温糖や上白糖を使った焼き菓子はパサつきにくく、使用量が多かったり時間が経つと表面がべたつくことがあります。

この二つの砂糖の性質はほとんど同じですが、三温糖は何回も加熱されるのと後から加えるカラメルのせいで、カラメルっぽい香りとコクを持っています。

どちらも、日本のお菓子や料理によく使われます。

グラニュー糖

グラニュー糖は、粒が粗く表面に何もまぶさないため、サラサラして湿気にくく、クセのないさらっとした甘味をもちます。

日本以外の国では、お菓子作りにはグラニュー糖が使われますが、日本のグラニュー糖は他の国のものより粒子が大きくて使い方に注意が必要です。

グラニュー糖は粒が大きいから、液体に溶かすときは良く混ぜないと溶けずに底に残ります。クッキーやケーキに使うと溶け残りがガリガリしたり、白い斑点になることがあるので、フープロで細かくしたものを使ったり、最初の段階で時間をかけて混ぜるなどの工夫をします。

砂糖以外の甘味料を紅茶に入れるなら何がいいか?

はちみつ

はちみつは疲労回復効果が期待できるのでおすすめです。ただし、紅茶にはちみつを入れると黒っぽく変色する場合があります。

これは、はちみつに含まれる鉄分によるものです。体に害はありませんが、これを避けたい場合は、アカシアのはちみつを使用するといいです。アカシアは、ほかのはちみつと比べても色が薄く、紅茶には使いやすいはちみつです。

まとめ

紅茶に合う砂糖はグラニュー糖ということが分かりましたね。グラニュー糖は雑味がないので紅茶の味を壊さないのでおすすめです。グラニュー糖以外がいいなら、上白糖がいいです。

砂糖以外の甘味料ならはちみつが疲労回復効果もあっておすすめです。ただし、紅茶に入れると黒くなる場合があるので、どうしても黒くなるのがいやならアカシアのはちみつを入れると黒くならないのでアカシアのはちみつを入れるといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました