【すぐ分かる】アッサム紅茶の特徴や効能は?おすすめの飲み方は?

アッサム

アッサムは紅茶の中で有名ですよね。また、人気のある紅茶でもあります。そんなアッサムですがどんな特徴があってどんな効能があるのかということは意外と知らないのではないでしょうか。

今回はアッサムの特徴や効能などアッサムについて色々書いていきたいと思います。

アッサムとは

アッサムとは、インド北東部のヒマラヤ山脈平原地帯で作られている紅茶です。アッサムは世界最大の紅茶産地でアッサム紅茶は全インド産紅茶の生産量の2分の1を占めます。 起源は、1823年ロバート・ブルース少佐がアッサムで茶木を発見したことにさかのぼりますが、発見後すぐにはこれが茶木だと認められず、論争が沸き起こりました。アッサム紅茶は、イギリス人が初めてみずからの手で作った紅茶です。

アッサムの特徴

アッサムの特徴は、CTC製法の茶葉が80%以上で、ティーバッグ用やブレンド用として使われることが多い紅茶です。クォリティーシーズンの茶葉は、わずかながらリーフタイプのものもつくられています。

風味はタンニンが豊富で、パンチのある力強い風味ですが、クセのないおいしさが特徴です。

水色は、やや深い赤(ファーストフラッシュ)、深い赤(セカンドフラッシュ)、黒みのある濃い赤(オータムナル)です。

香りは甘く独特なフラワリーフレーバーが特徴で茶葉の形は小さく丸められたCTC製法の茶葉で、黒褐色で形が整っているものが多いです。

アッサムの旬は3回あり、2~3月がファーストフラッシュ、4~7月がセカンドフラッシュ、8~11月がオータムナルとなります。

クォリティーシーズンのピークは6~7月です。

アッサムの効能

アッサムは他の紅茶の1.5倍のタンニンが含まれています。タンニンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用があるので美肌効果やデトックス効果が期待できると言われています。

また、アッサムにはアッサムサポニンという他の紅茶にはない成分が含まれています。アッサムサポニンは紅茶の渋味や苦みのもととなるタンニンと同じものです。

タンニンの主な作用は生活習慣病を予防する効果血中コレステロール抑制作用、動脈硬化抑制作用、血糖値上昇抑制作用、抗菌作用、消化促進作用などが期待できます。

アッサムのおすすめの飲み方

アッサムのおすすめの飲み方はストレートでも美味しいですが、ミルクティーもおすすめです。アッサムの濃厚な美味しいさはミルクを加えても紅茶の風味が落ちないのでおすすめです。

アッサムの美味しい淹れ方

ストレートティーの淹れ方

用意するもの

・茶葉 約2.5~3g×人数分 ・お湯150ml×人数分 ・ティースプーン ・ティーポット

・ティーコジー ・ティーストレーナー・ティーカップ

淹れ方

1.ティーポットとティーカップに沸騰したお湯(分量外)を入れ、あらかじめ温めておきます。

2.ティーポットのお湯を捨て、ティースプーンを使って人数分の茶葉を入れます。茶葉の分量は正確に。

3.沸騰したお湯を高い位置から勢いよくお湯を注ぎます。こぼれないように軽くゆすってふたをします。

4.ティーポットにティーコジーをかぶせて蒸らし時間を計ります。

5.ティーカップのお湯を捨て、ティーストレーナーを使って紅茶を注ぎます。

ミルクティーの淹れ方

用意するもの

・茶葉 約3g×人数分 ・牛乳 約60ml×人数分・砂糖・お湯100ml×人数分 ・ティースプーン

・ティーポット ・ティーコジー ・ティーストレーナー ・ティーカップ

淹れ方

1.温めておいたティーポットに人数分の茶葉を入れます。

2.沸騰したお湯を入れ、こぼれないように軽くゆすってふたをします。

3.いつもより長めに蒸らし時間をとり、様子を見ながら濃さを調節します。

4.ミルクを温めておきます。ミルクピッチャーに牛乳を入れて湯せんにかけるか、電子レンジにで温めてもOKです。温めすぎには注意をしてください。(人肌くらいがいいです。)

5.ティーストレーナーを使って紅茶をカップに注ぎます。1人分スプーン1杯弱の砂糖を加えて味をまろやかにします。

6.ティーカップの砂糖を溶かしたら、4のミルクを入れます。(ミルクはお好みの量で)

まとめ

アッサムは、インド産紅茶の1/2を占める紅茶でイギリス人が初めて自ら作った紅茶でしたね。

タンニンが普通の紅茶より多いので抗酸化作用があり、美肌作用やデトックス効果があるので女性には嬉しいですよね。

アッサムは渋味も少なくて飲みやすく本当に美味しい紅茶ですので、紅茶初心者さんで飲んだことがない方は是非ミルクティーにして飲んでいただきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました