【すぐ分かる】ヌワラエリアの特徴とは?どんな飲み方がいい?

ヌワラエリア

ここではヌワラエリアについて紹介します。

ところでヌワラエリアという紅茶をご存じでしょうか?ヌワラエリアという紅茶を知っている人はなかなかの紅茶通だと思います。お店でもなかなか見かけませんよね。しかし、ヌワラエリアもなかなか魅力的な紅茶なんです。

ということで今回はヌワラエリアの特徴などヌワラエリア紅茶について書いていきたいと思います。

ヌワラエリアとは?

標高1800~2000メートルと、スリランカのなかでも高地で作られているのがヌワラエリアです。

ヌワラエリア地方は、朝夕は5~14℃、日中は20~25℃と一日の温度差が激しいため、茶葉のタンニンの含有量が増え、強い渋味を生み出すのでシャープな口当たりの紅茶です。

ヌワラエリアの特徴

ヌワラエリアの特徴は、まず茶葉の形は、BOPタイプが一般的ですが、OPタイプ、BOPFタイプ、Fタイプなども作られています。

香りはさわやかな花のような香りでセイロンティーのシャンパンと称されています。風味はまるで日本緑茶のような渋味がすがすがしく、フルーティーな甘味とコクがあります。

水色は黄色に近いオレンジ色で、明るい輝きがあります。シー

ズンは1~3月と、8~9月の年2回収穫されます。クォリティーシーズンは1~2月になります。

ヌワラエリアのおすすめの飲み方

ヌワラエリアのおすすめの飲み方はストレートです。ヌワラエリアはクセがなくいい香りなのでその香りを堪能できるのがストレートだからです。

ですが、ミルクを加えても茶葉本来のおいしさがじゅうぶんに引き立ちますので、好みで楽しむことができます。

ヌワラエリアの美味しい淹れ方

1.お湯を沸かす(やかんに水を入れるときは、なるべく空気を含むように勢いよく入れます。)
(電気ポットのものではなく水道水から沸かします。)

2.ポットやカップを温めておく

3.茶葉をポットに入れ、お湯を注ぐ(ポットから約30センチ高い所からお湯をそそぎます)
(お湯を注ぎ終わる直前にやかんをポットに近づけると対流運動がおこりやすくなります)


4.あればティーコジー(ポットを保温するカバーです)をかぶせて、ストレートなら3分、ミルクティーなら4分蒸らす。
(ダージリンのファーストフラッシュならおそらく大きい茶葉でしょう)

5.ティーストレーナー(茶漉し)で茶葉を漉しながらカップに紅茶をそそぐ
(紅茶の濃さを均一にするためポットを上下に揺らしながら注ぐといいです)

お湯の温度は95~98℃(水面が波打ち、2センチ程の泡がはじけない程度に上がってくるころ)の沸騰する直前が最適です。

茶葉の量は、2杯分の紅茶の場合は6gがおすすめです。

ヌワラエリアのおすすめ商品

ヌワラエリアのお薦め商品はおためし紅茶! 紅茶 ヌワラエリア サンプル紅茶リーフ4杯分です。

この商品は176円というとても安い価格が1番の魅力だと思います。

やっぱり紅茶って普通に買うと1,000円くらいはしますよね。しかもヌワラエリアというあまり聞いたことのない紅茶を買うのにそんな高い金額を出してしかもお口に合わなかったら困りますよね。

でも、176円なら買いやすい価格ですし、もし失敗したとしてもまだ許せると思います。

ということでこちらの商品がおすすめです。

まとめ

ヌワラエリアはセイロンティーのシャンパンと称されるほどの香りのいい紅茶でしたね。

また、緑茶に似た渋味があり、とても品がある味わいになっていて飲みやすいので日本人には馴染みやすい紅茶と言えると思います。紅茶がどうも苦手だという人はヌワラエリアを飲んでみるものいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました